【独自】隠された神宮外苑再開発(4)JSC定例 全12回(2019年3月~6月)

日本スポーツ振興センターが保有する神宮外苑再開発に関する全ての公文書(2014年度~2020年度)の開示請求結果に基づき、事業者が水面下で着々と計画を既成事実化した実態を公表します。第4回は、他事業者(三井不動産、UR都市機構等)も参加したJSC定例を紹介します。
犬飼淳 2024.03.19
サポートメンバー限定

このニュースレターはフリー記者の犬飼が「大手メディアが報じない読み応えのある検証記事」を月に4本以上(目安)配信します。皆さんの生活に影響する政策や報道の複雑な問題点を、正しく理解できるように分かりやすく解説しています。

サポートメンバー登録によって運営されており、利害関係に縛られず取材・検証を日々行っており、総理大臣記者会見にも出席しております。サポートメンバー登録(月額600円〜、いつでも解約可)いただくと、以下の特典を得られます。

  • 100本超の有料記事を過去配信も含めて全て購読できる

  • 記者会見での質問内容をリクエストできる

  • 今後扱ってほしいテーマをスレッドで要望できる

サポートメンバーのおかげで私は継続しての運営が可能になり、より多くの報じられることのない事実を検証することができます。応援いただける方はぜひご登録をお願いいたします。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

***

この記事を書いた理由

  • 事業者や東京都が問題だらけの神宮外苑再開発を強行できた要因の一つは、不都合な事実を徹底的に隠すことで抗議活動の活発化を遅らせ、その間に規制緩和や契約を既成事実化させたことにある

  • これを放置すれば、悪しき成功事例として他地域でも再開発と称した環境破壊に悪用されてしまう。現に都内では日比谷公園、葛西臨海水族園、小山八幡神社などで類似の手法による環境破壊が進んでいる

この記事で理解できること

  • 国民には計画の全容が隠されていた2019年に、事業者(日本スポーツ振興センター、三井不動産、UR都市機構)は、水面下で着実に神宮外苑再開発を進めていたこと

  • 再開発の実態を隠したパース図はどのように検討されていたか

  • 再開発を可能にした重要な分岐点である、秩父宮ラグビー場を「未供用」とする抜け道はいつ検討されたか *2021年7月に東京都は「ラグビー場は敷地が塀で囲われて自由に通り抜けできない」等の不可解な理由で「未供用」と判断して公園まちづくり制度を適用して再開発を可能に。しかし、これまでの東京都への開示請求では検討経緯は不明だった

  • 東京都の環境影響評価審議会で露骨に事業者を擁護する委員がいた背景

***

3つの観点(環境破壊、景観破壊、スポーツ文化破壊)で多大な被害を及ぼす上、東京都や事業者の進め方にも多くの問題を抱える神宮外苑再開発。これほど問題だらけにもかかわらず、事業者(三井不動産、伊藤忠商事、日本スポーツ振興センター、明治神宮等)や東京都が計画を強行できた要因の一つは、不都合な情報は長期間にわたって徹底的に隠し、抗議活動の活発化を遅らせたことにあります。現に、2021年12月にようやく再開発計画の詳細が発表されて以降はオンライン署名などの抗議活動が活発化しましたが、すでに規制緩和や契約は既成事実化されていたこともあり、2023年3月の工事開始を止めるには至りませんでした。

約10年にわたる水面下の動きを探るため、これまで筆者は東京都が保有する関連文書を複数回にわたって開示請求してきました。しかし、開示文書に書かれていたのは、事業者からの提案内容の追認や微修正が中心で、肝心の意思決定プロセスはほぼ皆無

▼2012年度~2017年度の関連文書4800枚超を東京都に開示請求した結果

▼2020年3月~2021年6月に開催された会議体「公園まちづくり計画」の関連文書2000枚超を東京都に開示請求した結果

そこで筆者は2023年7月末に主要事業者の中で唯一開示請求が可能な日本スポーツ振興センター(以降、「JSC」と表記する場合あり)に対して、神宮外苑再開発の全ての関連文書を開示請求。

*JSCは独立行政法人のため開示請求が可能。一方、三井不動産、伊藤忠商事等は民間企業のため開示請求は不可能

*JSCは関連文書を2014年度から年度別に保有。今回の開示請求対象は水面下で意思決定のやり取りがあったと見られる2014年度~2019年度を指定

ところが、JSCは「開示情報の精査に時間が要する」という曖昧な理由で、最終的な開示決定期限を約8ヶ月も先の2024年3月29日に延長。開示決定は3回(2023年9月末、同年12月末、2024年3月末)に分けて順次進むことになりました。

第4報となる今回のニュースレターでは、2回目の開示決定(2023年12月末)で交付されたJSC定例打ち合わせ資料全12回分(2019年3月~6月)について、気付きを紹介します。

*以下の開示決定通知書の<特定した文書>の1〜12に該当

開示決定通知書2023年12月27日付 P1

開示決定通知書2023年12月27日付 P1

開示決定通知書2023年12月27日付 P2

開示決定通知書2023年12月27日付 P2

開示決定通知書2023年12月27日付 P3

開示決定通知書2023年12月27日付 P3

*1回目の開示決定で交付された文書の詳細は、第1報第2報第3報 参照

*1~2回目の開示決定の対象は全て2019年度以降の文書。水面下の検討過程を知る上で重要な2014年度~2018年度の文書は3回目の開示決定(2024年3月末予定)で交付予定。

©️2024 Jun Inukai

©️2024 Jun Inukai

©️2024 Jun Inukai

©️2024 Jun Inukai

©️2024 Jun Inukai <b>*詳細は本編で紹介</b>

©️2024 Jun Inukai *詳細は本編で紹介

本編の目次

  • 区別された2種類のパース図が意味すること

  • 再開発を可能にした抜け道、ラグビー場「未供用」の判断

  • 東京都 環境影響評価審議会 委員へのアプローチ

*完全独自のため、続きはサポートメンバー限定で公開します。一定期間経過後も無料読者には公開されません。

*サポートメンバー登録(月額600円~、解約はいつでも可)すると、今後も継続して発信予定の神宮外苑再開発を含むすべての記事をいち早く読むことができます。さらに、過去の配信分も含めて有料コンテンツが全て閲覧できます。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツは「概要」を参照ください

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4272文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・政策や報道の問題点を検証
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
読者限定
永住許可取消を含む2024年版入管法改悪案が助長する外国人差別
読者限定
3人に1人が不利益を被る共同親権。「離婚禁止制度」を超えて「少子化促進...
サポートメンバー限定
【独自】能登半島地震 渋滞の定量データ(2)〜国交省が15ファイルをつ...
誰でも
【事務連絡】読者別の公開方針
読者限定
違法行為を犯してまでイジメ隠蔽した教育長が退職金満額400万円超を受け...
サポートメンバー限定
【独自】能登半島地震 渋滞の定量データ(1)〜内閣広報室と石川県の発信...
読者限定
「福原愛氏のトラブルは日本が共同親権なら防げた」は本当か?
サポートメンバー限定
【訴訟報告】ESAT-J不開示決定の処分取消(5)「平均点変更は電話確...