【横浜市長選挙2021】山中竹春候補のイソジン会見弁明を図解する

横浜市長選挙に向けたニュースレターの5回目。山中竹春候補のイソジン会見について弁明した内容を5枚のスライドで図解し、一般的な感覚とのギャップを明らかにします。
犬飼淳
2021.08.12
誰でも

こんにちは。犬飼淳です。

8月8日に告示日を迎え、8人の候補者になる選挙戦が本格化してきた横浜市長選挙(8月22日投開票)について5回目のニュースレターをお送りします。

1回目は現職の林文子氏2回目3回目4回目郷原信郎氏(いったん出馬は取りやめ)に着目した内容をお伝えしてきましたが、今回は立憲民主党を始めとする野党が全面的に支援する山中竹春氏を取り上げます。

山中氏をめぐっては、昨年の大阪でのイソジン会見に関与していたのではないかという疑惑が当初から付きまとっていました。その疑惑に対して、山中氏がオフィシャルウェブサイトで弁明した内容の全文を以下に引用します。

*あとでこの内容は図解するので、回りくどい表現を読むのが辛い場合は読み飛ばして頂いて大丈夫です。

新型コロナウイルス感染症におけるポビドンヨードの効果と横浜市長選に関連する報道について
●大阪府の吉村知事のイソジンの会見時に使用されたフリップに「解析:横浜市立大学医学部 医療統計学 山中竹春教授」との記載がありましたが、当該データについて山中竹春が「解析」を行ったという事実はありません。以下に「解析の定義」と「解析の定義に対する本事案の状況」に基づきご説明いたします。
●解析の定義臨床研究方法論や統計学に基づく「解析」とは、以下の全ての要件を満たす必要があります。(1)研究計画書の作成に携わること。(2)氏名が記載された研究計画書が病院の倫理審査委員会などの審査を経ること(3)研究計画書の内容に沿った研究に参加すること。
●解析の定義に対する本事案の状況(1)研究計画書の作成に携わっていません。(2)ゆえに研究計画書に氏名の記載はなく、審査にも関与していません。(3)山中竹春は、同研究計画書の内容に沿った研究に参加したことはありません。
●山中竹春は、従前から、全国の研究機関等からの要請を受け、週に1回程度、データサイエンス領域について要請に応じたサポートを実施していますが、その中で、可視化手法などに限って指導等を行った案件について「解析」を実施した主体として掲載することはできず、本案件も同様の事案です。*上記解析の定義を再度ご参照ください。
●また、正確には「横浜市立大学医学部 臨床統計学 山中竹春教授」ですが、フリップの記載は「医療統計学」となっており誤っています。
●これらの事実をもとに、フリップ記載は、同フリップ作成者の「解析の定義」に基づかない適切さを欠くものである旨、大阪府に通知し、公開されているフリップからの早急な削除を依頼したところ、本日までに削除が確認できました。
●以上の状況から、新型コロナウイルス感染症におけるポビドンヨードの効果に関連する一連の報道は、事実と異なるフリップ記載から生じたものであり、報道各位に対し、適切な対応をご依頼いたします。
山中竹春OFFICIAL WEB SITE

引用は以上になります。

狭義の「解析」の定義を持ち出していたり、全体的に回りくどい表現が多く、何が言いたいのか分かりにくいという印象を受ける方が多いと思います。

また、7月13日に山中氏本人が「一連の報道に関わる報告会見」と題した記者会見にて、この内容に沿って自ら3分間ほどかけて説明しています。自信なさげに下を向いて原稿を棒読みし、頻繁に言い間違いをする不自然な様子がハッキリと確認できます。

*以下リンク先の動画の2分57秒~

youtu.be
***

前置きが長くなりましたが、今回のニュースレターでは山中氏による回りくどい弁明は結局、何を言おうとしていたのかを5枚のスライドで図解しながら紐解きたいと思います。

①「解析」の定義のギャップ

©︎2021 Jun Inukai
©︎2021 Jun Inukai

まず、山中氏は大阪府のイソジン会見で使用されたフリップで自身の名前が「解析:横浜市立大学医学部 医療統計学 山中竹春教授」と記載されていたことに着目して、「解析」という言葉の定義を臨床研究方法論や統計学における狭義の定義に限定させています。

しかし、一般的な感覚では「解析」は以下のように解釈するのではないでしょうか。

物事を細かく読み解き、理論にも基づいて研究すること。
「広辞苑 第5版」, 岩波書店, 1998

山中氏が持ち出した狭義の定義とは大きなギャップがあります。

②山中竹春候補が解析を否定した論法

©︎2021 Jun Inukai
©︎2021 Jun Inukai

そして、狭義の解析の定義3点について自らは当てはまらないことを説明することで「解析を行った事実はない」という結論を強引に導いています。

③山中竹春候補が否定した内容

©︎2021 Jun Inukai
©︎2021 Jun Inukai

しかし、山中氏が否定した内容が何だったのか冷静に考えてみると、あくまでも狭義の定義の解析を行ったことを否定したに過ぎません。

一般的な定義の解析を行ったことは一切否定できていません。

④山中竹春候補が肯定した内容

©︎2021 Jun Inukai
©︎2021 Jun Inukai

弁明の中で、山中氏はこうも書いています。

●山中竹春は、従前から、全国の研究機関等からの要請を受け、週に1回程度、データサイエンス領域について要請に応じたサポートを実施していますが、その中で、可視化手法などに限って指導等を行った案件について「解析」を実施した主体として掲載することはできず、本案件も同様の事案です。
山中竹春 OFFICIAL WEB SITE

非常に回りくどい日本語なので理解しにくいですが、誰がどう読んでも「可視化手法などに限って、山中竹春は本案件(=イソジン会見)を指導した」と解釈できます。

また、「週に1回程度のサポート」については、どこの文言にかかっているか判断が難しいですが、解釈によっては本案件(=イソジン会見)にかかっているように見えます。週に1回程度のサポートをしたのであれば、一般的な感覚では無関係どころか大きく関係したと言えるでしょう。

⑤サマリ

©︎2021 Jun Inukai
©︎2021 Jun Inukai

ここまでの4枚の図解を改めてサマリとしてまとめました。

まず、山中氏は一般的な定義と大きくギャップのある「解析」という言葉を悪用して「解析を行った事実はない」という結論を導いています。しかし、一方で本案件(=イソジン会見)の指導は認めているため、「解析を行った事実はない」という結論は一般的な感覚とは大きなギャップがあると言えます。

***

最後に、山中氏の選挙活動用のオフィシャルウェブサイトを開くと、最初に表示されるキャッチコピーを紹介しておきます。

市民に誠実、データに正直な市政の実現
山中竹春 OFFICIAL WEB SITE

今回のニュースレターは以上になります。

2021年8月12日 犬飼淳

***

P.S.

このニュースレターに満足した方は、ツイートやシェアで紹介をお願いします! ご自分の言葉で感想も添えて頂けると、これから読む人や私にとっても参考になるので嬉しいです。

また、次回を見逃さずに読みたい方は、以下の「無料購読」ボタンからメールアドレスを登録するとニュースレターがメール配信されるのでオススメです。登録は無料で、いつでも解約できます。

【体験レポート】人生2回目の記者会見で自分1人が市長に1時間無視された...
2回目の記者会見参加となった2021年10月13日の横浜市長会見。真っ先に挙手しても、自分1人だけが挙手している状況であ...
有料限定
【体験レポート】初めての記者会見
初めての記者会見参加となった2021年9月30日(旧市庁舎売却契約締結当日)の 横浜市長会見。参加に至った経緯、事前準備...
有料限定
#無症状者を含む積極的なPCR検査が医療崩壊を招くと主張した人々 (2...
「無症状者を含む積極的なPCR検査が医療崩壊を招く」という主張が日本で始まった2020年2月の翌3月。この1ヶ月間に着目...
有料限定
【文字起こし】山中竹春 横浜市長記者会見 (2021年9月30日 旧市...
山中竹春 横浜市長が旧市庁舎売却の契約締結を発表した2021年9月30日の定例記者会見の文字起こしを抜粋して、お届けしま...
誰でも
【信号無視話法】山中竹春 横浜市長 記者会見 (2021年9月17日)...
横浜市長選挙で当選した山中竹春 新市長の就任後2回目の定例記者会見。経歴詐称は事実と明らかになった終盤 約7分間の質疑の...
読者限定
【専用ページ】有料会員登録はこちら
こちらは「犬飼淳のニュースレター」の有料会員登録専用ページです。
有料限定
#無症状者を含む積極的なPCR検査が医療崩壊を招くと主張した人々 (2...
「無症状者を含む積極的なPCR検査が医療崩壊を招く」という主張が日本で始まった2020年2月。この1ヶ月間に着目し、15...
読者限定
【信号無視話法】山中竹春 横浜市長 就任記者会見 (2021年8月30...
横浜市長選挙で当選した山中竹春 新市長の初登庁日の就任記者会見。強要未遂(パワハラ)疑惑、経歴詐称疑惑を追及された終盤 ...
読者限定