【訴訟報告】ESAT-J不開示決定の処分取消(3)東京都の初反論

英語スピーキングテスト(ESAT-J)の「平均点改竄疑惑」と「不受験者の得点推定」に関する開示請求に対して、不当な理由で不開示決定する東京都。隠蔽に対抗するため、自らが原告として本人訴訟した処分取消訴訟の経過を継続的に報告します
犬飼淳 2023.11.02
サポートメンバー限定

このニュースレターはフリー記者の犬飼が「大手メディアが報じない読み応えのある検証記事」を月に4本以上(目安)配信します。皆さんの生活に影響する政策や報道の複雑な問題点を、正しく理解できるように分かりやすく解説しています。

サポートメンバー登録によって運営されており、利害関係に縛られず取材・検証を日々行っており、総理大臣記者会見にも出席しております。サポートメンバー登録(月額600円〜、いつでも解約可)いただくと、以下の特典を得られます。

  • 80本超の有料記事を過去配信も含めて全て購読できる

  • 記者会見での質問内容をリクエストできる

  • 今後扱ってほしいテーマをスレッドで要望できる

サポートメンバーのおかげで私は継続しての運営が可能になり、より多くの報じられることのない事実を検証することができます。応援いただける方はぜひご登録をお願いいたします。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

***

この記事を書いた理由

  • 行政文書の開示請求は、国民の「知る権利」を守る重要な手段である。行政機関(官公庁、自治体 等)の情報公開の透明性が落ちた昨今、その重要性は一段と増している。しかし、不当な理由で不開示や黒塗りになる事例が後を絶たず、役人にとって不都合な情報は容易に隠蔽されている

  • 不開示決定を覆す手段は「審査請求」と「処分取消訴訟」の2つがあるが、いずれも一般市民には敷居が高いため断念してしまう場合が多く、その知見は十分に共有されていない

  • 本人訴訟(弁護士を立てずに原告自ら訴訟を進める方法)の知見も同様に十分に共有されていない

この記事でわかること

  • これまで「時間稼ぎ」と「説明から逃げること」で隠蔽を続けてきた被告(東京都)が、提訴4ヶ月後にようやく提出した初めての反論内容

  • 訴状、双方の第1準備書面が揃ったことで固まりつつある本訴訟の情勢

***

英語スピーキングテスト(ESAT-J)の「平均点改ざん疑惑」と「不受験者の得点推定」に関する不当な不開示決定3件に対して、自らが原告として「本人訴訟」で東京都教育委員会を訴えた処分取消訴訟の経過をお伝えします。

*本訴訟の経緯は第1報 および第2報参照

*「平均点改ざん疑惑」と「不受験者の得点推定」のそれぞれの経緯は、以下2本のニュースレターの冒頭部分を参照

***

以下の通り少しずつではありますが、訴訟は着実に進んでいます。

時系列

2023年6月14日:取消処分訴訟 提起

*原告(筆者)が訴状、書証等を東京地裁に提出

同年9月14日:第1回期日(口頭弁論)

被告(東京都)は反論が間に合わなかったため、訴状の基本的確認のみで終了

同年10月24日:第2回期日(口頭弁論)

*被告(東京都)が期日6日前(10月18日)に初めての反論(準備書面)を提出。原告(筆者)は再反論(準備書面)を2日後(10月20日)に提出した状態で期日を迎える

***

最大の進展は、被告(東京都)がようやく初めての反論を提出したこと。ただ、その主張は想像以上に荒唐無稽で、度肝を抜かれる内容ばかりでした。以下、ほんの一部の例として3点紹介します。

  • 録音ミスで採点修正した8名の受験回を「把握していない」と主張

  • 「平均点は事業者(ベネッセ)が算出し、受け取った紙資料には小数点第2位までしか記載されていない」と主張。(=ゆえに原告が開示を求める「小数点第3位を明らかにした平均点」を被告は公文書として保有していないという主張)

  • 「受験者が7万人超である事実を踏まえれば、ESAT-Jの平均点は手計算ではなくExcel等で電子的に算出したことは明らかである」を否認。(=約7万人の平均点を紙と手計算で算出したと主張?)

*概要は筆者ツイート参照

実は、同時並行で進んでいる審査請求でも東京都は筆者の主張の大半を根拠を示さずに否認するだけだったので、訴訟でもまともな反論は返ってこないだろうと予想していました。ただ、訴訟ではそれなりに具体性が求められることもあり、予想に反して被告(東京都)は審査請求よりは具体的な否認根拠を複数挙げました。ところが、それらはどう考えてもあり得ない荒唐無稽な主張ばかり。さらに、自らの主張の矛盾を自ら立証する書証を提出するなど理解に苦しむ対応も散見されます。

これまで「時間稼ぎ」と「説明から逃げること」と「虚偽説明」が許される閉鎖的な世界であぐらをかいてきた組織が説明せざるを得ない状況に追い込まれると何が起きるのか。それをまざまざと見せつけられているように感じます。率直に言って、被告(東京都)は説明すればするほど自らボロを出す泥沼にはまっているようにしか見えません。

とは言え、これで一般的には訴訟の情勢を事実上決定付けると言われている以下3点の書面がようやく揃いました。

  • 訴状

  • 被告 第1準備書面(訴状に対する被告の反論)

  • 原告 第1準備書面(被告第1準備書面に対する原告の再反論)

*これ以降の期日でも双方は準備書面を提出するが、裁判官は大量の資料を読み込む必要があるため、これら3点は特に重要と一般的に言われている

今回のニュースレターでは、「上記3点の書面 全文」と「特に重要な書証」を掲載しながら本訴訟の情勢を詳しくお伝えします。

*今回は完全独自のため、続きはサポートメンバー限定で公開します。一定期間経過後も無料読者には公開されません。

*サポートメンバー登録(月額600円〜、解約はいつでも可)すると、今後も継続して発信予定のESAT-Jを含むすべての記事をいち早く読むことができます。さらに、過去の配信分も含めて有料コンテンツが全て閲覧できます。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6451文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・政策や報道の問題点を検証
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン

提携媒体・コラボ実績

読者限定
Colabo対暇空茜 名誉毀損訴訟 一審判決の成果と課題
サポートメンバー限定
【都知事選2024】「共産党と連携したから蓮舫氏は支持を失った」は本当...
サポートメンバー限定
【独自】都知事選出馬要請は小池氏の自作自演(3)~疑惑の本丸・東京都の...
サポートメンバー限定
【独自】都知事選出馬要請は小池氏の自作自演(2)〜行動記録から重要な外...
読者限定
【文字起こし】学費値上げ 東京大学総長対話2024年6月21日
サポートメンバー限定
【独自】隠された神宮外苑再開発(6)重要書類の原本紛失を3ヶ月遅れで報...
サポートメンバー限定
【都知事選2024】テレビによるネガティブ・キャンペーンの記録(蓮舫氏...
サポートメンバー限定
【独自】東大は政治に影響を与える教室使用はNGなのか?(1)