インボイスを理由にした事業者の排除は既に始まっている

2023年10月の開始まで1年を切ったインボイス制度。取引先からのインボイス登録の圧力と受け取れる通知の実例を紹介します。
犬飼淳 2022.10.12
有料限定

このニュースレターでは、国政、地方行政、メディア報道などを客観的事実に基づいて検証しています。以下のボタンから登録すると、次回以降のニュースレターを逃さずチェックできます。

*無料読者と有料読者の提供価値の違いは、リンクを参照ください

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

***

こんにちは。犬飼淳です。

政府が1年後(2023年10月)からの開始を目指しているインボイス制度。発注先がインボイスに登録しない場合、発注元の納税額が増えてしまう仕組みのため、発注元から発注先に対して様々な圧力(インボイス登録を呼びかける。呼びかけに応じない場合は取引中止や減額交渉を余儀なくされる、等)をかける恐れが非常に高いことが従来から懸念されていました。

そして、その懸念はすでに現実となりました。

筆者が以下ツイートで情報提供を呼びかけたところ、すでに多数の事業者が発注元から圧力を受けていることが明らかになりました。

犬飼淳
@jun21101016
【情報提供依頼】
取引先から以下のような内容を含むインボイス登録を促す通知を既に受け取った場合、可能な範囲で提供をお願いします。
・登録予定の時期や有無を問う
・登録済みであれば登録番号を記入させる
・登録しない場合の対応(取引中止、報酬減額)を暗に仄めかす
2022/10/05 11:41
573Retweet 583Likes

発注元からの通知にはおおむね以下のような共通点がありました。

  • 形式上はインボイス制度の周知、および登録予定の確認を装っている

  • しかし、登録しない場合のデメリットを明記しており、事実上の登録圧力と受け取れる文言が並んでいる。発注元と発注先の力関係が拮抗している場合(専門スキルを要する、希少性が高い、人気が高い、等)は直接的な表現を避けているが、発注先の力関係が弱い場合は「インボイスに登録しなければ取引中止」と明記し、事実上の排除をすでに宣言している

こうした圧力に対する筆者の見解は以下の連続ツイートで述べた通り、とにかく(現時点では)インボイス発行事業者に登録しないこと。そして、これがインボイス延期・中止への突破口だと考えています。

犬飼淳
@jun21101016
開始まで1年を切って、取引先から登録の圧力を受ける事例が増えているので改めて言います。最も効果的なインボイスへの抵抗方法は・・、

(現時点では)インボイス発行事業者には登録しないこと。
犬飼淳 @jun21101016
【インボイスに不安を感じた個人事業主が出来ること】 とにかく、(現時点では)インボイス発行事業者には登録しない。 以上
2022/10/04 20:21
311Retweet 415Likes
犬飼淳
@jun21101016
表向きの登録期限は来年3月だが、ある特例(非常にハードルが低いため誰でも利用可)を使えば、来年7月の申請でも十分に間に合う。

それまでは取引先の圧力に屈せず、ギリギリまで状況を見極めるべき。
2022/10/04 20:23
49Retweet 64Likes
犬飼淳
@jun21101016
来年3月になっても対象事業者のインボイス登録率が10%前後に低迷したままであれば、導入延期を検討する可能性が出てくる。さらに、延期が続けば中止の可能性もゼロではない。

そこに一縷の望みをかけています。
2022/10/04 20:25
107Retweet 124Likes

*事業者が不利益を被らずに登録できるタイムリミットが2023年7月である理由は、勉強会リポートを参照ください

とはいえ、すでに圧力を受けている事業者としては不安も大きいはずです。今回のニュースレターでは、私が情報提供を受けた圧力の実例を3点 紹介し、圧力の特徴や傾向を確認していきたいと思います。

*今回は内容の特性を鑑みて、続きは有料購読者のみに公開します。通常と異なり一定期間経過後も無料購読者には公開しません。

*有料登録(月額600円)すると、今後も継続して発信予定のインボイスの問題について、いち早く全ての情報を入手できます。さらに、過去の配信分も含めて有料コンテンツが全て閲覧できます。無料読者と有料読者の提供価値の詳細についてはリンクを参照ください。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

この記事は有料読者限定です

続きは、1654文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
【現場リポート】ESAT-J実施状況調査の報告記者会見
誰でも
インボイス 負担軽減策の実態
誰でも
「カタールW杯で移民労働者6500人死亡」は本当か?
読者限定
高校入試の「公平性」を破壊するESAT-J 問題の全体像
誰でも
カタールW杯 人権問題の報道姿勢から見える、海外と日本のメディア・アス...
読者限定
【独自】反レイシズム運動を全否定しかねない、上念司氏 名誉毀損訴訟 判...
有料限定
保坂区長の謝罪すらも台無しにした世田谷区職員の二枚舌対応
読者限定
フリー記者出身の保坂 世田谷区長が会見からフリー記者を排除(2)
読者限定