【内部告発】電通の東京五輪汚職再び。横浜市中計策定を4回連続で不公正に随意契約(3)

2021年10月から2022年12月にかけて、横浜市は中期計画策定業務を4回連続で電通と不公正に随意契約。東京五輪と同じ構図の露骨な癒着を、本来は取り締まる立場の横浜市監査事務局が黙認し、癒着に加担している実態を指摘します。
犬飼淳 2023.07.18
サポートメンバー限定

このニュースレターはフリー記者の犬飼が「大手メディアが報じない読み応えのある検証記事」を月に6 本以上(目安)配信します。皆さんの生活に影響する政策や報道の複雑な問題点を、正しく理解できるように分かりやすく解説しています。

サポートメンバー登録によって運営されており、利害関係に縛られず取材・検証を日々行っており、総理大臣記者会見にも出席しております。サポートメンバー登録(月額600円〜)いただくと、以下の特典を得られます。

  • 有料記事を過去配信も含めて全て購読できる

  • 記者会見での質問内容をリクエストできる

  • 今後扱ってほしいテーマをスレッドで要望できる

サポートメンバーのおかげで私は継続しての運営が可能になり、より多くの報じられることのない事実を検証することができます。応援いただける方はぜひご登録をお願いいたします。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

***

この記事を書いた理由

  • 2027年に花博(GREEN×EXPO2027)を控える横浜市は、東京五輪汚職を可能にした条件(自治体よりも情報公開の透明性が落ちる公益財団法人を設立させ、内部を牛耳る電通の中抜きや贈収賄のチェックを不可能にさせる)をすでに満たしている

  • こうした状況を憂慮する関係者から筆者に内部告発があり、東京五輪直後の2021年10月から2022年12月にかけて横浜市は中期計画策定の業務委託を4回連続で電通と不公正に随意契約したことが発覚した

  • このまま横浜市と電通の癒着を放置すれば、2027年まで毎年数百億円単位の予算が計上される花博で東京五輪に匹敵する莫大な税金が浪費される

この記事で理解できること

  • 横浜市 監査事務局による監査の段階で、なぜ不公正な随意契約を発見できなかったのか

  • 癒着の内部告発後、不正を取り締まる立場にある横浜市監査事務局は調査に動いたのか

***

中期計画策定をめぐる横浜市と電通の癒着の異常性は過去2回にわたって詳しくお伝えしてきました。

第3報となる今回は、こうした不正をチェックする立場にある横浜市 監査事務局の働きぶりに焦点を当てます。

大変残念ながら、「開示請求で入手した700枚超の行政文書」と「監査事務局職員への個別聞き取り」で明らかになったのは、もはや監査事務局は電通との癒着に加担しているという衝撃的な実態でした。横浜市役所では業者選定のみならず監査も正常に機能しておらず、一連の不正は横浜市役所全体の組織ぐるみと判断せざるを得ない結果となりました。今回のニュースレターでは、その深刻な実態をお伝えします。

本編の目次

  • 一般職員ですら気付いた癒着を監査事務局は気付いていたのか

  • 定期監査と決算で監査事務局は何をチェックしていたのか

  • 癒着に加担していると判断せざるを得ない監査事務局の時間稼ぎ

*今回は完全独自のため、本編はサポートメンバー限定で公開します。通常と異なり、一定期間経過後も無料読者には公開されません。サポートメンバー登録(月額600円〜)すると、すべての記事をいち早く読むことができます。さらに、過去の配信分も含めて有料コンテンツが全て閲覧できます。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5015文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・政策や報道の問題点を検証
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
サポートメンバー限定
虚偽報道で共同親権導入を後押ししたメディアの記録
サポートメンバー限定
「インボイスは廃止一択」出版の裏話(1)
サポートメンバー限定
【独自】能登半島地震 渋滞の定量データ(3)
読者限定
共同親権導入後に別居親の同意が必要な範囲の「広さ」と「曖昧さ」が招く大...
サポートメンバー限定
【独自】隠された神宮外苑再開発(5)東京都とJSCの極秘協議(2016...
サポートメンバー限定
【独自】公文書が存在しない国立大学法人法改正案の検討プロセス(2)
サポートメンバー限定
【独自】「訂正」の域を超えた、志賀原発トラブルの北陸電力による「隠蔽」...
誰でも
初の著書「インボイスは廃止一択」出版のお知らせ