【メディア視覚化】東京五輪世論調査 朝日新聞見出しのミスリード

朝日新聞の東京五輪世論調査を報じる記事の見出しに着目して、世間の関心を「開催の是非」から「観客の有無」にミスリードさせた手法を検証。
犬飼淳 2021.07.04
読者限定

こんにちは。犬飼淳です。

前回に続いて、東京五輪の報道に関するニュースレターをお届けします。前回は、東京五輪の「開催の是非」という論点を(五輪を開催する前提で)「観客の有無」にすり替えることに毎日新聞がどのように加担したのかを一面記事の見出しに着目して検証しました。

今回は、毎日新聞と同様に東京五輪のスポンサー企業に名前を連ねる朝日新聞の世論調査記事の見出しに着目して、東京五輪開催は決定事項であるという風潮をつくることに共犯者としてどのように加担したのか検証します。具体的には、2021年1月~6月に朝日新聞に掲載された全6件の東京五輪世論調査記事と見出しをもとに検証します。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2373文字あります。
  • 1件目
  • 2件目
  • 3件目
  • 4件目
  • 5件目
  • 6件目
  • まとめ
  • おまけ

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
【現場リポート】ESAT-J実施状況調査の報告記者会見
誰でも
インボイス 負担軽減策の実態
誰でも
「カタールW杯で移民労働者6500人死亡」は本当か?
読者限定
高校入試の「公平性」を破壊するESAT-J 問題の全体像
誰でも
カタールW杯 人権問題の報道姿勢から見える、海外と日本のメディア・アス...
読者限定
【独自】反レイシズム運動を全否定しかねない、上念司氏 名誉毀損訴訟 判...
有料限定
保坂区長の謝罪すらも台無しにした世田谷区職員の二枚舌対応
読者限定
フリー記者出身の保坂 世田谷区長が会見からフリー記者を排除(2)
読者限定