【メディア視覚化】東京五輪「開催の是非」→「観客の有無」への報道のすり替え

新聞1面の見出しに着目して、メディアの東京五輪報道が「開催の是非」から「観客の有無」にどのように変化したのか検証。
犬飼淳 2021.06.27
読者限定

こんにちは。犬飼淳です。

前回に続いて、国内メディアの報道に関するニュースレターをお届けします。

ついに東京五輪開幕まで1ヶ月を切りました。

今月を振り返ると、月の前半は東京五輪を開催するか中止するかに大きな注目が集まっていましたが、いつの間にか(五輪を開催する前提で)観客を入れるかどうかの問題にすり替わっていたことに違和感を感じた方も多いのではないでしょうか。

そこで今回のニュースレターでは、新聞1面の見出しに着目して、いつどのように報道内容の焦点が変化したのかを検証します。具体的には、スポンサー企業(正確には東京オリンピックオフィシャルパートナー)でもある毎日新聞の2021年5月1日~6月26日の朝刊1面に掲載された東京五輪の関連記事の見出しをもとに検証します。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1880文字あります。
  • おまけ

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
【参院選2022】新聞1面見出しの与野党 報道割合から読み解く中立性(...
誰でも
【参院選2022】候補者の失言・問題行為(比例代表 編)
誰でも
【参院選2022】候補者の失言・問題行為(選挙区編)
誰でも
【参院選2022】アンケートほぼ無回答の生稲晃子候補は街頭演説で何を語...
誰でも
公示翌日に特定政党を利する選挙情勢を報じた朝日新聞社員の認識
有料限定
【参院選2022】候補者の「良いところ」を知ろう!(比例代表 編)
誰でも
【参院選2022】 候補者の「良いところ」を知ろう!(選挙区 編)
誰でも
インボイス賛成派の4つの誤解
読者限定