theLetterを始めた理由

ハーバー・ビジネス・オンラインの閉鎖、noteの一連の出来事を受けて、私がtheLetterを始めた理由をお伝えします。
犬飼淳
2021.05.07
誰でも

こんにちは。犬飼淳です。

第1回目のニュースレターでは、これまでnoteハーバー・ビジネス・オンラインで記事を発信してきた私がthe Letterに移行した理由をまずお伝えしたいと思います。

理由は大きく2点あります。

理由①noteを利用することの不適切さ

1点目の理由は、皆様もご存知の通り、note株式会社が運営する「cakes」では昨年から今年にかけて良識を疑う出来事が繰り返され、私の許容範囲を超えたことです。もはやnoteを利用すること自体に抵抗感や嫌悪感を感じるユーザーが急増する中、このサービスを使い続けることは不適切だと判断しました。

理由②ハーバー・ビジネス・オンラインの閉鎖

2点目の理由は、これまで3年弱にわたって約100本の記事を寄稿してきたハーバー・ビジネス・オンラインが5月7日をもって新規記事の配信を停止したことです。過去記事は従来通りのURLで今後も閲覧できますが、事実上の閉鎖です。

これまではハーバー・ビジネス・オンラインに記事を掲載すると、自動的にyahoo!ニュース、MSNニュース、SmartNewsなどの各種ニュースサイトにも転載される仕組みになっており、記事1本あたり安定的に数万人単位の読者に読んでもらうことができました。しかし、今回の閉鎖決定によって、私はその情報発信の場を失います。個人で発信していたnote では万単位の閲覧数になることは非常に稀だったので、情報発信力の低下は免れないでしょう。

そして、このニュースレターを読んでいる方が最も気になっているであろう、閉鎖に至った経緯については、申し訳ながら私から公表することは控えます。・・・というか、正直なところ私も詳しい理由を知らないのです。4月末に閉鎖の連絡を編集部から受けましたが、編集長でさえも本当の閉鎖理由を知らされていない様子でした。

とにかく、私は毎回 数万単位の読者に記事を届けられるWebメディアを失いました。

***

自分の情報発信のスタイルをゼロから再構築する必要に迫られ、幾つかの選択肢を検討した結果、登録した読者に対してニュースレターを配信していくというthe Letterのスタイルは取り組む価値があるように思いました。単なる読者数の多さだけでなく、一人一人の読者との関係性を強く築くことができるように、心機一転、今後はthe Letterで情報発信していきます。

発信する内容は、これまでnoteやハーバー・ビジネス・オンラインで発信してきたものと同等の内容を予定しています。政治に無関心な方にも直感的に分かりやすく伝えたいという思いで3年前に情報発信を始めたこともあり、従来通り、公共性の高い内容は全て無料公開していく方針です。ただ、記事の内容によっては今回のように公開範囲を無料購読の登録者に限定していきます。

どうぞ末長く、よろしくお願い致します。

2021年5月7日 犬飼淳

成人式で【ワクチン未接種者】に【抗原定性検査】を実施した横浜市長の言い...
成人式の感染症対策としてワクチン未接種者に抗原定性検査を実施した横浜市。2022年1月13日の横浜市長記者会見にて筆者が...
誰でも
利害関係者からの資金提供の棚卸報告
立憲民主党からChoose Life Projectへの資金提供の発覚を受けて、私の情報発信に関係する利害関係者からの資...
誰でも
【文字起こし】山中竹春 横浜市長記者会見 (2021年12月23日)
突然の参加条件変更によって、最後の参加となる可能性がある12月23日の横浜市長記者会見の文字起こしをお届けします。
有料限定
【文字起こし】横浜市立大学への不当圧力 請願審査(2021年12月15...
18年振りに現職市長が加害者の立場で委員会に出席する異常事態となっている横浜市会。当事者の山中竹春市長、小山内理事長、相...
誰でも
本多平直氏の「14歳と性交」発言は本当にあったのか
2021年5月10日に本多平直氏は本当に「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる...
誰でも
立憲は横浜で何をしたのか(1.市長選挙の候補者擁立 編)
ここ2年間に立憲民主党が横浜で繰り返した問題行為の数々を全3回でお届けする予定。第1回は、2021年8月の横浜市長選挙の...
有料限定
ついに立憲が言及した横浜市長選挙の検証とは
2021年11月27日のChoose Life Project番組内にて立憲代表選候補者が横浜市長選挙の検証に初めて言及...
誰でも
横浜市長選を 「承知してない」はずの逢坂誠二氏は、実際は応援演説で何を...
横浜市長選挙で立憲民主党が推薦した山中竹春氏の応援演説を行った逢坂誠二氏。演説で何を語ったのかを文字起こしでお届けします...
誰でも