【独自】教師いじめ第三者調査公表をめぐる教育委員会の組織的隠蔽

横浜市立小学校(旭区)教師の児童に対するいじめ・虐待を学校・教育委員会が組織的に矮小化・隠蔽した問題。特に2022年3月25日の第三者委員会による調査報告書 公表をめぐる不審点の詳細をお伝えします。
犬飼淳 2022.05.24
有料限定

このニュースレターでは、国政、地方行政、メディア報道などを客観的事実に基づいて検証しています。以下のボタンから登録すると、次回以降のニュースレターを逃さずチェックできます。

*無料読者と有料読者の提供価値の違いは、リンクを参照ください

***

こんにちは。犬飼淳です。

直近2回(4月21日、5月11日)の横浜市長記者会見にて、私は横浜市立小学校(旭区)教師の児童に対するいじめ・虐待を学校・教育委員会が組織的に矮小化・隠蔽した問題に大半の質疑時間を費やしてきました。

*4月21日会見の概要は会見記録およびニュースレター参照

*5月11日会見の概要は会見記録およびYouTube参照

特に直近(5月11日)の会見では、3月25日の第三者委員会による調査報告書公表をめぐる流れに絞って、8分間にわたって細かな事実確認を重ねました。

私は本件の被害児童 保護者から膨大な情報・資料を直接入手し、市長記者会見の場で質疑を重ね、さらに教育委員会とは個別にやり取りしており、事態の全容を現時点でかなり正確に掴んでいると自負しています。

しかし、本件は国家賠償訴訟となる可能性があることに加え、被害児童のプライバシー保護など様々な観点から現時点で公にできる情報が限られるため、会見を視聴した方に実態がなかなか伝わらず、消化不良を起こしていたかと思います。

今回、3月25日の第三者委員会による調査報告書 公表をめぐる不審点については、公開しても問題ないと判断できたため、有料購読者を対象に一般公開に踏み切ります。

まず、結論から言うと、本件をめぐって横浜市 教育委員会は意図的、組織的、計画的に、この不祥事の矮小化・隠蔽を図ったことは明白です。さらに、残念ながら弁護士等で構成される第三者委員会は形式上は「第三者」の立場をとりながら、実際は教育委員会と一体となって矮小化・隠蔽に加担した疑いが強いです。

*第三者委員会のメンバーは調査報告書参照

今回は下記スライドのように「客観的事実」と「関係者の主張」(教育委員会、山中市長、被害児童の保護者)を時系列に整理することで、調査報告書公表をめぐる不審点7点を明らかにしていきます。

©️2022 Jun Inukai
©️2022 Jun Inukai

この記事は有料読者限定です

続きは、3119文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
【参院選2022】新聞1面見出しの与野党 報道割合から読み解く中立性(...
誰でも
【参院選2022】候補者の失言・問題行為(比例代表 編)
誰でも
【参院選2022】候補者の失言・問題行為(選挙区編)
誰でも
【参院選2022】アンケートほぼ無回答の生稲晃子候補は街頭演説で何を語...
誰でも
公示翌日に特定政党を利する選挙情勢を報じた朝日新聞社員の認識
有料限定
【参院選2022】候補者の「良いところ」を知ろう!(比例代表 編)
誰でも
【参院選2022】 候補者の「良いところ」を知ろう!(選挙区 編)
誰でも
インボイス賛成派の4つの誤解
読者限定