【信号無視話法】2021年5月14日 総理記者会見

緊急事態宣言の対象地域追加を受けて開催された総理記者会見。全12記者・全19問の質疑の信号無視話法を検証。
犬飼淳 2021.05.16
読者限定

こんにちは。犬飼淳です。

2021年5月14日、緊急事態宣言の対象地域追加(北海道、岡山、広島)などの決定を受けて、菅義偉総理は記者会見を開催し、計12名の記者が質問しました。

しかし、前々回のニュースレターで紹介した1週間前(5月7日)の会見と同様、菅総理は質問に対応した回答を返せないことが多く、質問と回答が噛み合わない状況が続きました。「受け止め」や「評価」を問うような緩い質問には辛うじて答えられるもの、中身は薄いものばかり。

そこで、今回のニュースレターでは、当日の記者会見における全12記者(全19問)の質疑 をノーカットで検証していきます。具体的には、信号機のように3色(青はOK、黄は注意、赤はダメ)で直感的に視覚化します。

*質疑内容は首相官邸Webサイトで公開されている文字起こしを引用

*同席した尾身茂会長の回答は省略

***

質疑の概要

全12名の質問と回答を要約したところ、以下のようになりました。全19問のうち、実に9問(赤字で示した質問)に対しては一言も回答できていません。

また、回答の要約を見ればわかるとおり、回答できたとしても、その中身は曖昧で具体性に欠けるものばかりです。

「適切に対応した」
「徹底して取り組みたい」
「専門家と相談して決める」

などなど。いや、その先の具体的な内容を聞いてるんですけどね・・。

***

配色ルール

本記事ではこの配色ルールに従って、回答内容を色分けしていきます。

***

集計結果

全12名(全19問)に対する菅総理の回答を集計した結果、上記の円グラフのようになりました。実に7割を赤信号と黄信号が占めており、ほとんど質問に答えていません。

いったいどのような質疑だったのか詳しく見ていきましょう。

***

質疑

1人目 共同通信 吉浦記者

***

2人目 東京新聞 清水記者

***

*以降(3人目~12人目の質疑詳細)は無料購読の登録者限定で公開してます。内容の無断転載はご遠慮ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1995文字あります。
  • まとめ
  • おまけ

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
国民全員に悪影響が連鎖するインボイス。被害の全体像
誰でも
前提知識ゼロでも理解できる! インボイスの仕組みと問題点
有料限定
#大石あきこ山口敬之にも訴えられたってよ 第1回口頭弁論&記者会見 2...
読者限定
【独自】インボイス制度 6つの懸念に対する財務省の衝撃的回答
読者限定
【現場リポート】初めての総理大臣記者会見
有料限定
【信号無視話法】三浦瑠麗氏は国葬について一体 何を言いたかったのか
有料限定
PCR検査をめぐる主張の記録(2022年1月〜7月)
有料限定
安倍元総理と統一教会の関係を矮小化する主張 全13パターン
有料限定