【現場リポート】初めての総理大臣記者会見

「民主党政権以来10年ぶりに総理大臣記者会見への新規参加に成功したフリーランス記者」として、2022年8月10日(岸田内閣改造 当日)の総理大臣記者会見の現場で目撃した全てをリポートします。
犬飼淳 2022.08.11
有料限定

このニュースレターでは、国政、地方行政、メディア報道などを客観的事実に基づいて検証しています。以下のボタンから登録すると、次回以降のニュースレターを逃さずチェックできます。

*無料読者と有料読者の提供価値の違いは、リンクを参照ください

***

こんにちは。犬飼淳です。

第2次岸田改造内閣が発足した2022年8月10日、総理大臣記者会見が開催。私はこの会見に「民主党政権以来10年ぶりに新規登録に成功したフリーランス記者」として、遂に参加できました。

*10年間も新規登録者が現れなかったほど厳しい参加条件、3ヶ月以上もかかった手続きの道のりについては集英社オンラインに寄稿した以下2本の記事を参照ください。

初めて現地参加して、カメラに映らない現地の様子も全て見えるようになり、私がこれまで中継映像で感じていた違和感の正体も次々と判明しました。まず第一に、予定調和な会見に加担している内閣記者会を「劇団」と揶揄する声が根強いですが、私はむしろ「劇団にすら成れていない、もっと低次元な何か」であると感じました。なぜならば、質問が許された記者8名には奇妙な共通点があることに現地で気付いたからです。

今回のニュースレターでは、8月10日の総理大臣記者会見の現場で目撃・経験した事実について、初参加の筆者による新鮮な目線で実態をリポートしていきます。

*今回は完全独自の取材に基づいており、不安定なフリーランスの立場である筆者が活動を続けるため、続きは有料購読者のみに公開します。通常と異なり、一定期間経過後も無料購読者には公開しません。(無料読者と有料読者の提供価値の違いは、リンク参照)

この記事は有料読者限定です

続きは、7854文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
国民全員に悪影響が連鎖するインボイス。被害の全体像
誰でも
前提知識ゼロでも理解できる! インボイスの仕組みと問題点
有料限定
#大石あきこ山口敬之にも訴えられたってよ 第1回口頭弁論&記者会見 2...
読者限定
【独自】インボイス制度 6つの懸念に対する財務省の衝撃的回答
読者限定
【信号無視話法】三浦瑠麗氏は国葬について一体 何を言いたかったのか
有料限定
PCR検査をめぐる主張の記録(2022年1月〜7月)
有料限定
安倍元総理と統一教会の関係を矮小化する主張 全13パターン
有料限定
安倍元総理の記帳を横浜市が廃棄せざるを得ない理由
読者限定