【信号無視話法】三浦瑠麗氏は国葬について一体 何を言いたかったのか

2022年7月31日放送のフジテレビ系列「ワイドナショー」で「大喪の礼」を読み間違えて、注目を集める三浦瑠麗氏。読み間違いより遥かに深刻な発言全体について、信号無視話法の手法を取り入れて、いったい何を言いたかったのか検証します。
犬飼淳 2022.08.01
有料限定

このニュースレターでは、国政、地方行政、メディア報道などを客観的事実に基づいて検証しています。以下のボタンから登録すると、次回以降のニュースレターを逃さずチェックできます。

*無料読者と有料読者の提供価値の違いは、リンクを参照ください

***

こんにちは。犬飼淳です。

昨日(2022年7月31日)放送のフジテレビ系列「ワイドナショー」で国政政治学者を名乗る三浦瑠麗氏が「大喪の礼(たいそうのれい)」を「たいものれい」と読み間違えて、SNSを中心に大きな注目を集めています。

日本奪還
@jucundioribus
たいものれい。
言い間違いは誰にでもあるが、本を読む人ならなかなか間違えないと思うんだが。
間違え方が安倍晋三や麻生太郎にそっくり。
2022/07/31 12:04
2696Retweet 6248Likes

しかし、漢字の読み間違いは些細な問題だと思えるほど、実は発言全体は遥かに深刻でした。

以下、問題のシーンを文字起こしします。

【東野幸治】(安倍元総理の国葬について)瑠麗さんはどうですか?
【三浦瑠麗】反対意見が出ることは別にまあ、健全というか、それはそれで反対意見が出ない総理大臣なんて いないですよ。それこそ吉田茂がどれほど憎まれていたかってことを考えた時にね。だからぁ、その、日本で私が少し憂慮するのは、天皇陛下の国葬は当然だと。これはもう「たいものれい」だと。


*隣の安藤優子キャスターは「大喪の礼(たいそうのれい)」の読み間違いに気付いた  様子で顔が引きつる。しかし、誰も間違いを指摘せず三浦瑠麗氏は発言を続ける


【三浦瑠麗】この天皇陛下という方は国民のために祈って頂いている、本当に犠牲を自分でね、プライバシー、自己犠牲しながら。だけど権威は認めるけど、民主主義で選んだ総理大臣に対して、それは毀誉褒貶もあろう。だけれども、なんかそれは政治はダメというのは、民主的にはおかしいなぁと思ってるんです。で、100人がいて100人が賛成なんてことは無いと思うんですけど、ただ、やっぱり(滝川)ロランさん仰ったように、今回やっぱり、う〜ん・・。やっぱり全然、違うんですよ、海外からの評価。暗殺されたっていうのも大きいし。だから私は岸田政権の、その説明は理に適っていると思いますよ。で、国葬というのは政治なんですよ。これはもう正直(田村)淳さんの意見に対して「うん、うん」と思うところもあるけども、私はこれは政治マターだと思うんです。

【東野幸治】政治マター?

【三浦瑠麗】政治マター。だから当然、やっぱり内閣総理大臣が決めるんですよ。閣議で決めるんですよ。

【東野幸治】国会で審議しなくても良くて、政治マターでやっても良いと?

【三浦瑠麗】そう。だから逆に審議し始めちゃうと、安倍さんの評価に対して野党がマイナスのこと言わなきゃいけなくなるじゃないですか。そうじゃなくて、これ、お葬式だから。そういう話を、レガシーを話し合うんじゃなくて、葬式として みんなで悼みましょう。各国から首脳が来るんだから、みんなで献花してもらいましょうで良いと思うんですよ。

【東野幸治】はい。わかりました。
ワイドナショー(2022年7月31日放送回)

前半は三浦氏の特徴である「何かを言っているようで何も言っていない」話法が顕著に表れており、端的に言って 三浦氏は何も言っていません。そして、中盤以降は明らかな「認識誤り」「意味不明」な発言が大半を占めます。

今回のニュースレターでは、この違和感を直感的に理解できるように「信号無視話法」の手法を取り入れながら、三浦氏はいったい何が言いたかったのかを視覚化します。

続きを読む場合は有料購読者にご登録ください。今回はややマニアックな内容のため、一定期間経過後も無料購読者には公開しません。(無料読者と有料読者の提供価値の違いは、リンク参照)

この記事は有料読者限定です

続きは、1148文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
【現場リポート】ESAT-J実施状況調査の報告記者会見
誰でも
インボイス 負担軽減策の実態
誰でも
「カタールW杯で移民労働者6500人死亡」は本当か?
読者限定
高校入試の「公平性」を破壊するESAT-J 問題の全体像
誰でも
カタールW杯 人権問題の報道姿勢から見える、海外と日本のメディア・アス...
読者限定
【独自】反レイシズム運動を全否定しかねない、上念司氏 名誉毀損訴訟 判...
有料限定
保坂区長の謝罪すらも台無しにした世田谷区職員の二枚舌対応
読者限定
フリー記者出身の保坂 世田谷区長が会見からフリー記者を排除(2)
読者限定