【信号無視話法】山中竹春 横浜市長 記者会見 (2021年9月17日)

横浜市長選挙で当選した山中竹春 新市長の就任後2回目の定例記者会見。経歴詐称は事実と明らかになった終盤 約7分間の質疑の信号無視話法を検証。
犬飼淳 2021.09.19
読者限定

こんにちは。犬飼淳です。今回は横浜市政に関するニュースレターをお届けします。

本来、横浜市長選挙後は、別のテーマ(PCR検査をめぐる主張の記録など)に注力する予定でしたが、選挙後も想像以上の混乱が続いているため、当面は不定期で横浜市政に関するニュースレターも継続する予定です。お付き合い頂けると幸いです。

***

横浜市長選挙で当選を果たした山中竹春 市長は8月30日に就任記者会見を行いましたが、数々の疑惑(パワハラ、経歴詐称)について まともに回答することができず、疑惑がさらに深まる結果となりました。

*前回の記者会見については配信済みの以下ニュースレターを参照ください

その後、2回目の記者会見はなかなか開催されず、何度か日程変更や延期を繰り返した後、ようやく9月17日に開催される運びとなりました。

犬飼淳
@jun21101016
9月14日14時〜の予定だった2回目の山中竹春市長の定例記者会見。

突然、前日15時という直前のタイミングで横浜市のWebサイトで延期が発表されている・・・。しかも、お知らせとしてではなく、中継映像のページでこっそりと。
2021/09/13 17:40
84Retweet 122Likes

しかし、会見前日の9月16日、疑惑の一つである経歴詐称について決定的な記事が出ます。

問題となっていたNIH(アメリカ国立衛生研究所)のリサーチフェローという肩書きについて、NIHに直接問い合わせた結果、山中氏の実際の役職はビジティングフェローだったと明らかになったのです。

*ビジティングフェローは非常勤でトレーニングの要素が強いのに対し、リサーチフェローは常勤で成果も求められる、はるかに格上の役職。

そして、翌17日の記者会見でも、この経歴詐称問題は終盤に約7分間にわたって追及されることになります。そこで今回のニュースレターでは、そのやり取りをピックアップして、一字一句漏らさずにノーカットで検証していきます。具体的には信号機のように3色(青はOK、黄は注意、赤はダメ)で直感的に視覚化します。

この視覚化のノーカット映像は下記のYoutubeで公開しています。

***

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1795文字あります。
  • 配色ルール
  • 集計結果
  • 質疑

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
【参院選2022】新聞1面見出しの与野党 報道割合から読み解く中立性(...
誰でも
【参院選2022】候補者の失言・問題行為(比例代表 編)
誰でも
【参院選2022】候補者の失言・問題行為(選挙区編)
誰でも
【参院選2022】アンケートほぼ無回答の生稲晃子候補は街頭演説で何を語...
誰でも
公示翌日に特定政党を利する選挙情勢を報じた朝日新聞社員の認識
有料限定
【参院選2022】候補者の「良いところ」を知ろう!(比例代表 編)
誰でも
【参院選2022】 候補者の「良いところ」を知ろう!(選挙区 編)
誰でも
インボイス賛成派の4つの誤解
読者限定