Colaboに対するサイバーハラスメントで繰り返されるミスリード

若年女性を支援する活動を続ける団体「Colabo」に対するサイバーハラスメント(事実無根のデマによる誹謗中傷の拡散)。誹謗中傷、東京都の監査結果、監査結果を伝える報道に潜むミスリードを整理し、事態の異常さを浮き彫りにします。
犬飼淳 2023.01.16
読者限定

こんにちは。犬飼淳です。

このニュースレターはフリー記者の犬飼が「大手メディアが報じない読み応えのある検証記事」を月に6 本以上(目安)配信します。皆さんの生活に影響する政策や報道の複雑な問題点を、正しく理解できるように分かりやすく解説しています。

読者の有料登録によって運営されており、利害関係に縛られず取材・検証を日々行っており、総理大臣記者会見にも出席しております。有料登録(月額600円)いただくと、以下の特典を得られます。

  • 有料記事を過去配信も含めて全て購読できる

  • 記者会見での質問内容をリクエストできる

  • 今後扱ってほしいテーマをスレッドで要望できる

有料登録のおかげで私は継続しての運営が可能になり、より多くの報じられることのない事実を検証することができます。応援いただける方はぜひご登録をお願いいたします。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

***

この記事を書いた理由

  • Colaboをめぐる問題の本質は「税金を投入した事業の不正」ではなく、「圧倒的なリソース(人・モノ・金)で事実無根の誹謗中傷を拡散して目障りな相手の活動を妨害するサイバーハラスメント」である

  • このようなサイバーハラスメントを容認すれば、次はあなた自身が被害者になるかもしれない

この記事で理解できること

  • 3つの観点(誹謗中傷の真偽、東京都の監査結果、監査結果の各社報道)でColaboに対するサイバーハラスメントの異常性

***

虐待や性暴力などの理由で自宅に居場所がなく、新宿等の繁華街を彷徨う若年女性を支援する活動を続けてきた一般社団法人Colabo。しかし、昨年9月頃から同団体に対するサイバーハラスメント(事実無根のデマによる誹謗中傷の拡散、等)が激化し、活動に大きな支障(活動拠点であるバスの切り付け、脅迫、本来は保護すべき女性がネットの評判を鵜呑みにしてColaboと繋がることをためらう、等)が出ていました。

さらに、この誹謗中傷を拡散した中心人物 暇空茜氏(本名:水原清晃)は、東京都若年被害女性等支援事業の受託者でもあるColaboの会計報告に不正があると主張して、昨年11月2日、東京都に住民監査請求。「税金を不当に得ている」という主張をさらに激化させていきます。

こうした深刻な状況を受けて、昨年11月29日に開催された「Colaboとその代表仁藤夢乃に対する深刻な妨害に関する提訴記者会見」において、誹謗中傷のほぼ全てが捏造や妄想を積み重ねた事実無根のデマであることを弁護団は具体的に説明。今年1月4日に東京都が正式発表した監査結果では、請求人である暇空茜氏の主張の大半は「請求人の主張は妥当でない」として退けられ、事実無根のデマであることが改めて明確になりました。

*監査で不当(違法ではないが、改善の余地あり)と判断された項目は一部(通信運搬費の誤記、領収書の取扱、等)あり

しかしながら、この監査結果について「請求人の主張の大半が退けられた点」よりも「一部で不当が認められた点」見出しで強調して報道したメディアが多く、「やはりColaboには何かしらの問題があった」という誤った認識が広がってしまっています。

そこで今回のニュースレターでは、以下3点の状況を改めて整理することで、Colaboに対するサイバーハラスメントで繰り返されるミスリードを浮き彫りにしていきます。

  • 誹謗中傷の真偽

  • 東京都の監査結果

  • 監査結果の各社報道

*公共性が非常に高いと判断したため無料読者にも公開します。メールアドレス登録のみで無料で全て読めるので、お気軽にご登録ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5461文字あります。
  • 誹謗中傷の真偽
  • 東京都の監査結果
  • 監査結果の各社報道
  • まとめ(この記事で理解できたこと)
  • 参考資料
  • 関連ニュースレター

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
反レイシズム運動を全否定しかねない「Racist Friend」裁判の...
有料限定
【独自】インボイスの問題を大手メディアが報道できない本当の理由
有料限定
【独自】感染症対策を悪用した首相会見の人数制限
有料限定
「共同親権は海外では一般的」は誤り。 賛成派の主張に潜むミスリード
読者限定
【独自】元 総理番が明かす、首相会見の質問事前提出「業務」のウラ側
有料限定
「超過死亡の原因はワクチン接種」は本当か?
有料限定
安保3文書改定(軍拡)に潜む9つのミスリード
誰でも
【独自】首相会見 指名回数と順序の検証から見えた官邸報道室のアメとムチ...
有料限定