PCR検査をめぐる主張の記録(2020年2月)

「無症状者を含む積極的なPCR検査が医療崩壊を招く」という主張が日本で始まった2020年2月。この1ヶ月間に着目し、15名の専門家・有識者・著名人 が主張した内容の論理展開を11要素に分解。発言者、11要素、時系列を踏まえ、あらゆる角度から徹底的に記録・検証します。
犬飼淳 2021.09.05
有料限定

こんにちは。犬飼淳です。

ここ1ヶ月ほどは横浜市長選挙に関するニュースレターが続いていましたが、今回は全く別のテーマを取り扱います。

2021年8月以降、首都圏を中心に救急車を呼んでも病院に搬送されずに亡くなるケースの報道が相次ぎ、ついに医療崩壊が現実のものとなりました。今現在、治療どころか検査も受けられずに過ごしている方々の苦しみは想像を絶するものがあると思います。

「医療崩壊」と言えば、新型コロナウイルス によるパンデミックが始まった1年半以上前から専門家・有識者・著名人が「無症状者にも積極的にPCR検査すると医療崩壊を招く」という趣旨の主張をテレビやツイッターで繰り返し、日本ではその認識が広く浸透しました。

さて、パンデミック初期から1年半以上が経過して、いよいよ実際に医療崩壊が起きたわけですが、「医療崩壊の原因は無症状者を含めた積極的なPCR検査だ」と言われると、強い違和感を覚える方が大半ではないでしょうか? 

というか、いまだにPCR検査を希望しても受けられない人が大勢いますよね? 

そこで今回のニュースレターでは、「無症状者を含む積極的なPCR検査が医療崩壊を招く」という、世界的にも日本でしか見られない独自の主張はいったい何だったのか。いつ、どのようにして、誰が唱え始めたのかを徹底的に検証したいと思います。

まず、この主張の論理展開は大きく11個の要素から成り立っていると考えられます。

そこで、この主張が日本で一気に広がった2020年2月の1ヶ月間(2/1~2/29の29日間)に着目し、この主張を唱えた専門家・有識者・著名人 15 名 のツイート 全33件を確認し、11個の要素別に整理。また、当時の世の中の動き(ダイヤモンドプリンセス号の検疫失敗、厚労省による受診目安「発熱37.5度以上、4日以上」ルールの発表、など)を踏まえ、この主張のルーツを時系列でも検証します。

先に断っておきますが、これまで私が発信してきたニュースレターとは全く比較にならないほど桁違いに長く、重く、暗い内容になっています。

身近に感染者や犠牲者がいる方、ご自身が感染して大変な思いをしている方にとっては読むことも辛いと想像されます。総文字数は2万字弱、スライドは12枚に及ぶので、まとまった時間がある時に覚悟して読み始めることをおすすめします。

***

*2022年2月26日追記:筆者自らが検証内容を解説したダイジェスト動画を新たに公開しました。お時間がない方はこちらをご視聴ください

***

*2022年7月19日追記:2021年9月5日の公開以来、従来のニュースレターとは比較にならないほど公共性が高い内容のため無料購読者への開放を続けてきましたが、約1年が経過して一定の役割は果たしたと判断したため有料購読者限定に切り替えました。

この記事は有料読者限定です

続きは、21274文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・国会答弁や政治報道の検証紹介
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
国民全員に悪影響が連鎖するインボイス。被害の全体像
誰でも
前提知識ゼロでも理解できる! インボイスの仕組みと問題点
有料限定
#大石あきこ山口敬之にも訴えられたってよ 第1回口頭弁論&記者会見 2...
読者限定
【独自】インボイス制度 6つの懸念に対する財務省の衝撃的回答
読者限定
【現場リポート】初めての総理大臣記者会見
有料限定
【信号無視話法】三浦瑠麗氏は国葬について一体 何を言いたかったのか
有料限定
PCR検査をめぐる主張の記録(2022年1月〜7月)
有料限定
安倍元総理と統一教会の関係を矮小化する主張 全13パターン
有料限定