「医療DX」ではなく「医療崩壊」を実現するマイナ保険証義務化(紙の保険証廃止)

表向きは「国民の利便性向上」を理由に政府が進めるマイナ保険証の実質義務化(紙の保険証廃止)。実際は国民皆保険を始めとする医療を崩壊させている因果関係を図解で整理します。
犬飼淳 2023.07.13
サポートメンバー限定

このニュースレターはフリー記者の犬飼が「大手メディアが報じない読み応えのある検証記事」を月に6 本以上(目安)配信します。皆さんの生活に影響する政策や報道の複雑な問題点を、正しく理解できるように分かりやすく解説しています。

サポートメンバー登録によって運営されており、利害関係に縛られず取材・検証を日々行っており、総理大臣記者会見にも出席しております。サポートメンバー登録(月額600円〜)いただくと、以下の特典を得られます。

  • 有料記事を過去配信も含めて全て購読できる

  • 記者会見での質問内容をリクエストできる

  • 今後扱ってほしいテーマをスレッドで要望できる

サポートメンバーのおかげで私は継続しての運営が可能になり、より多くの報じられることのない事実を検証することができます。応援いただける方はぜひご登録をお願いいたします。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

***

この記事を書いた理由

  • マイナンバーカードを事実上の義務化とするため、政府は既存制度に対しても様々な改悪を始めている。

  • その中でも紙の保険証廃止は、国民皆保険を崩壊させるほどの制度欠陥が既に複数露呈し、最も深刻である。さらに、病歴を含む個人情報漏洩、医療機関の負担増大によって、日本の医療機関に対する信頼は地に落ち、医療崩壊すらも引き起こしかねない

この記事で理解できること

  • マイナ保険証の事実上義務化(紙の保険証廃止)が医療崩壊を引き起こす因果関係

  • 国会で明らかになった、政府がマイナ保険証のメリットとして主張する「医療DX」の実態

  • マイナンバー事業をめぐる政府主張の「本音」「建前」ギャップ

***

マイナンバーをめぐる問題の背景として、政府は本来の活用範囲(社会保障・税・災害対策)以外の分野で情報活用するため、マイナンバーカードに「もう1つの番号」(シリアル番号)を付与する抜け道を利用していました。

*詳細は7月8日に配信した前回ニュースレター参照

その結果、様々な問題が続出しているわけですが、特に深刻なのがマイナ保険証の事実上義務化(紙の保険証廃止)です。政府は建前上の推進根拠として「医療DXの推進」を挙げていますが、実態は真逆です。すでに医療現場では国民皆保険を崩壊させるほどの大混乱が起きており、このままいけば確実に医療崩壊を引き起こします。

今回のニュースレターではマイナ保険証の事実上義務化(紙の保険証廃止)に焦点を当て、図解を中心に実態を整理していきます。

©️2023 Jun Inukai

©️2023 Jun Inukai

©️2023 Jun Inukai

©️2023 Jun Inukai

本編の目次

  • マイナ保険証義務化が引き起こす医療崩壊の流れ

  • マイナ保険証をめぐるトラブルの根本原因

  • 政府がメリットに掲げる「医療DX」の実態

  • 政府主張の「本音」と「建前」のギャップ

*本編はサポートメンバー限定で公開します。サポートメンバー登録(月額600円〜)すると、すべての記事をいち早く読むことができます。さらに、過去の配信分も含めて有料コンテンツが全て閲覧できます。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7157文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・政策や報道の問題点を検証
・基本週次の配信
・いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
サポートメンバー限定
【独自】都知事選出馬要請は小池氏の自作自演(1)
サポートメンバー限定
【都知事選2024】蓮舫氏「2位じゃダメ」発言 15年越しの真実
読者限定
なぜ横浜市教委は不祥事の隠蔽が多発するのか?
サポートメンバー限定
虚偽報道で共同親権導入を後押ししたメディアの記録
サポートメンバー限定
「インボイスは廃止一択」出版の裏話(1)
サポートメンバー限定
【独自】能登半島地震 渋滞の定量データ(3)
読者限定
共同親権導入後に別居親の同意が必要な範囲の「広さ」と「曖昧さ」が招く大...
サポートメンバー限定
【独自】隠された神宮外苑再開発(5)東京都とJSCの極秘協議(2016...