能登半島地震の初動遅れ。安倍政権よりも棄民政策が加速する岸田政権

直近20年で震度7以上の地震(新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震)と比較し、時系列を整理することで、今回の能登半島地震の政府の対応の遅さを定量的に明らかにします。
犬飼淳 2024.01.08
読者限定

このニュースレターはフリー記者の犬飼が「大手メディアが報じない読み応えのある検証記事」を月に4本以上(目安)配信します。皆さんの生活に影響する政策や報道の複雑な問題点を、正しく理解できるように分かりやすく解説しています。

サポートメンバー登録によって運営されており、利害関係に縛られず取材・検証を日々行っており、総理大臣記者会見にも出席しております。サポートメンバー登録(月額600円〜、いつでも解約可)いただくと、以下の特典を得られます。

  • 80本超の有料記事を過去配信も含めて全て購読できる

  • 記者会見での質問内容をリクエストできる

  • 今後扱ってほしいテーマをスレッドで要望できる

サポートメンバーのおかげで私は継続しての運営が可能になり、より多くの報じられることのない事実を検証することができます。応援いただける方はぜひご登録をお願いいたします。

*ニュースレターの重点テーマ、特に反響が大きかった過去のコンテンツはリンクを参照ください

***

この記事を書いた理由

  • 1月1日の能登半島地震発生後、被災地への救助・支援が圧倒的に不足した状態が続き、生き埋めのまま亡くなられた方が多数いたと考えられる

  • その上、地震から生き残ったにもかかわらず、その後の避難生活での衣食住や医療の問題で生命の危機(餓死・持病悪化等)に瀕する被災者まで現れている

この記事で理解できること

  • 過去20年に発生した震度7以上の地震(新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震)の規模(マグニチュード、最大加速度)を定量的に比較して、今回の能登半島地震は東日本大震災に匹敵するレベルにもかかわらず、岸田政権の対応が明らかに遅いこと

  • 第2次安倍政権であった8年前(2016年)の熊本地震と比較しても、政府の対応が確実に遅くなっていること

***
©︎2024 Jun Inukai

©︎2024 Jun Inukai

©︎2024  Jun Inukai <b>*詳細は本編で説明</b>

©︎2024 Jun Inukai *詳細は本編で説明

*現在進行形で悪化する能登半島地震の救助・支援に関係するため、公開直後から無料読者にも全文を公開します。メールアドレス登録のみで無料で全て読めるので、お気軽にご登録ください。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、8350文字あります。
  • 能登半島地震が記録した最大震度7は直近20年で5件のみ
  • 東日本大震災に匹敵する能登半島地震の地震規模
  • 地震当日から始まっていた初動の遅れ
  • 第2次安倍政権からの劣化が浮き彫りになる、地震発生120時間のタイムテーブル
  • 比較対象にならないほど異次元だった民主党政権の東日本大震災対応

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
役人の隠蔽(9)首相会見の回答原稿を不存在と主張する官邸
サポートメンバー限定
吉本興業の財務諸表・入札実績が示す行政との癒着
サポートメンバー限定
【独自】隠された神宮外苑再開発(3)再開発協議会の議事録 全14回(2...
サポートメンバー限定
役人の隠蔽(8)異次元の無法地帯、横浜市役所
サポートメンバー限定
吉本興業の株主構成が示すメディアとの癒着
サポートメンバー限定
【訴訟報告】ESAT-J不開示決定の処分取消(4)第2回口頭弁論 〜「...
サポートメンバー限定
能登半島地震 被災地入りを拒む主張の記録
サポートメンバー限定
【速報・独自】岸田総理は「地震大国の日本で原発再稼働は無理」と学んだの...